Fight for the Future

Fight for the Future

作曲者下田 和輝
作曲年2018年
演奏時間07:00
グレード4
編成小編成〜大編成
最小演奏人数8人
楽譜ロケットミュージック株式会社(出版譜)
サンプルスコア冒頭〜3ページ目まで
録音CD究極の吹奏楽~小編成コンクールvol.6
佐藤正人指揮/尚美ウィンド・フィルハーモニー

参考音源(抜粋): https://www.youtube.com/watch?v=pQP7KCUHHoY
演奏: 尚美ウィンド・フィルハーモニー
指揮: 佐藤 正人

【楽曲解説】
この作品は、ロケットミュージック株式会社の書き下ろし作品として2018年冬に作曲されました。
社会の荒波に翻弄されながらも、より良い未来を目指して奮闘する人々。この作品ではそんな人々にスポットを当て、挫折や願望、奮闘、兆し、実現、などを表現しています。
権力闘争や権力欲に惑わされず、より良い未来を目指すことを第一に考えて奮闘する人々に心から尊敬の念を込め、そのような人々の応援歌になれば…という思いもこの作品には込められています。

この作品には多くのオプショナルパートが設定されており、最小8人から演奏が可能となっております(パーカッションは0人から対応)。極小編成のバンドに是非演奏して頂きたい1曲です。

【演奏上のアドバイス】
●2nd Flute/Oboe/Bassoon/2nd Clarinet in B♭/Bass Clarinet in B♭/Tenor Saxophone in B♭/Baritone Saxophone in E♭/2nd Trumpet in B♭/2nd Horn in F/2nd Trombone/String Bassは省略可能なこと、さらにPercussionは0人でも演奏可能なことから、この作品は最小8人から演奏が可能となっています。所々にマメ譜を書いていますが、上記の楽器がいない場合にマメ譜を演奏するようにして下さい。
●2nd Percussionは1段の中にいくつもの打楽器が書かれてありますが、打楽器の人数が少ない場合は【Bass Drum】はDrumsのキック、【Crash Cymbals】はDrumsのCrash Cymbalで演奏すると良いでしょう。
●拍子や臨時記号の多さ、フレーズの取り方の難しさなどから、やや難易度が高い作品となっております。しかしやりがいのある作品だと思いますので、大編成中編成バンドは勿論のこと、特に極小編成で力のあるバンドに是非チャレンジして頂きたい1曲です。

【楽器編成詳細】
1st Flute
2nd Flute (Opt.)
Oboe (Opt.)
Bassoon (Opt.)

1st Clarinet in B♭
2nd Clarinet in B♭(Opt.)
Bass Clarinet in B♭(Opt.)

Alto Saxophone in E♭
Tenor Saxophone in B♭(Opt.)
Baritone Saxophone in E♭(Opt.)

1st Trumpet in B♭
2nd Trumpet in B♭(Opt.)

1st Horn in F
2nd Horn in F (Opt.)

1st Trombone
2nd Trombone (Opt.)

Euphonium
Tuba

String Bass (Opt.)

Timpani (Opt.)

【1st Percussion】(Opt.)
Snare Drum
Triangle
Vibraphone

【2nd Percussion】(Opt.)
Crash Cymbals
Bass Drum
Suspended Cymbal
Triangle


←Works/作品へ戻る