いよいよ明日になりました!

いよいよ明日になりました!

2015年度の「第7回 日本管打・吹奏楽学会作曲賞」において、吹奏楽作品「夜明けの海岸(オリジナル版)」が予選審査を通過し、本選ノミネート4作品の中の1作品に選ばれています。

本選ノミネート4作品はこちら
(リンク先の一番下に私の作品解説が掲載されています。是非ご覧ください。)

作曲賞本選会(公開演奏審査)は、明日2月7日(日)に尚美ミュージックカレッジ専門学校バリオホールにて行われます。(事実上初演となります!)

以下、作曲賞本選会の詳細です↓
日時:2016年2月7日(日) 15:40~
場所:尚美ミュージックカレッジ専門学校バリオホール
演奏:東京都立杉並高等学校吹奏楽部
指揮:佐藤正人
http://www.jas-wind.net/pdf/2015clinicyoko.pdf

どんな結果になるのか、今からとても楽しみです!!

お時間ある方は是非是非お越し下さい。
宜しくお願いします!

2016-01-18 19.19.30

新作吹奏楽作品「雪降る夜に」が出版されます!

こんばんは。

去年8月~9月にかけて作曲した吹奏楽作品「雪降る夜に」が、3月2日に東京音楽制作合同会社さんより出版される事になりました!

作品の詳細はこちら
楽譜の購入はこちら

そして楽譜と併せて参考音源CD『吹奏楽コンクール自由曲レパートリー集 vol.1「ハガニア・プレリュード」』も発売されます。こちらも3月2日発売です!
CDの購入はこちら
販売元はユニバーサルミュージック合同会社、発売元は東京音楽制作合同会社です。

ちなみにCDはAmazonからもご購入頂けます。
リンクはこちら

演奏は、私の作品『吹奏楽のためのファンファーレ「イン・トライアンフ」』や『DaJa~南部地方盆唄「ナニャドヤラ」による~』などを初演して頂いた大江戸シンフォニックウィンドオーケストラさん、
指揮は、上2曲の初演指揮者であり、いつも大変お世話になっている樫野哲也さんです。

この作品には多くのオプショナルパートが設定されており、最小9人から演奏が可能となっています(工夫次第では8人でも)。打楽器についても0人から6人以上まで対応できるように構成してありますので、様々な編成の楽団で演奏することが可能です!

演奏会やコンクールなどでたくさん演奏される事を願って…!
どうぞ宜しくお願いします!

本選会まで一ヶ月を切ったので…!

こんばんは!
以前もお知らせしましたが、本選会まで一ヶ月を切ったので再度お知らせいたします。

2015年度の「第7回 日本管打・吹奏楽学会作曲賞」において、吹奏楽作品「夜明けの海岸(オリジナル版)」が予選審査を通過し、本選ノミネート4作品の中の1作品に選ばれました!

本選ノミネート4作品はこちら
(リンク先の一番下に私の作品解説が掲載されています。是非ご覧ください。)

作曲賞本選会(公開演奏審査)は、2016年2月7日(日)に尚美ミュージックカレッジ専門学校のバリオホールにて行われます。(事実上初演となります!)

また、演奏は東京都立杉並高等学校吹奏楽部の皆さん、
指揮はいつもお世話になっている佐藤正人先生にして頂ける事になりました!

作曲賞本選会の詳細はこちら

お時間ある方は是非是非お越し下さい^^
宜しくお願いします!

2016-01-18 19.19.30

新作吹奏楽作品レコーディング

昨日は関東某所にて私の新作吹奏楽作品「雪降る夜に」をレコーディングして頂きました!

演奏は、私の作品『吹奏楽のためのファンファーレ「イン・トライアンフ」』や『DaJa~南部地方盆唄「ナニャドヤラ」による~』などを初演して頂いた大江戸シンフォニックウィンドオーケストラさん、
指揮は、上2曲の初演指揮者であり、いつも大変お世話になっている樫野哲也さん。

「雪降る夜に」はコンクール自由曲向けの作品で、極小編成(10人以下)でも演奏出来る作品に仕上げました。

CDは2月あたりにリリースされるそうです。
新しい情報が入りましたらまたご報告したいと思います。

CD完成が楽しみだ〜(^o^)

スクリーンショット 2015-11-24 19.41.03

Improvisation 2015 7/26 ほか2曲

【自作自演動画公開】

先日の岩手帰省、とある演奏会(発表会)でソロピアノを演奏する機会があったのですが、その時の演奏動画をYouTubeにアップしましたのでお知らせいたします!

1曲は即興、他2曲は高校〜尚美時代に書いた小品となっております。

普段人前で楽器を演奏する事がまずないので、割とレアかもしれません(._.)笑

Improvisation 2015 7/26

A Quiet Sky

Nostalgic Memories

作品の質・演奏技術が未熟な故お聞き苦しい点があるとは思いますが、是非是非ご覧下さい!