謹賀新年 2023年

新年、あけましておめでとうございます!
昨年は皆様に大変お世話になりありがとうございました!

一昨年に引き続き多くの作曲・編曲活動をさせていただく傍ら、夏は日本各地へ出向き吹奏楽コンクールの審査員を務めさせていただきました。
また、初めてアンサンブル・ソロコンテストの審査員を務めたり、語りと吹奏楽のための30分超えの作品を作曲させていただいたり(南極カラフト犬物語)、私生活では結婚式を行うなど、公私共にとても充実した1年を過ごすことが出来ました!

2023年も皆様に大変お世話になるかと思いますが、何卒どうぞ宜しくお願いいたします!

川越奏和奏友会吹奏楽団によって初演された私編曲の「花は咲く」の映像がYouTubeに公開されました!

川越奏和奏友会吹奏楽団 音楽監督の佐藤正人先生より編曲のご依頼を頂き、今年1月23日に行われた同団の第44回定期演奏会&第15回ファミリーコンサートにて初演された「花は咲く」の映像がYouTubeに公開されましたのでお知らせいたします!

演奏会のプログラムノートにも書かせていただいた、この曲に対する想いや編曲の意図も動画内に掲載されております。是非ご覧ください!

改めて素晴らしい演奏をしてくださった川越奏和奏友会吹奏楽団の皆さん、指揮の佐藤正人先生、ありがとうございました!

動画はこちら

東海大学付属高輪台高等学校中等部吹奏楽部の委嘱作品「Cabin Crew -空(そら)の客室を守るエキスパート-」が同吹奏楽部定期演奏会にて演奏されます!

今度の12月28日(水)に赤坂区民センター 区民ホール(東京都港区)にて東海大学付属高輪台高等学校中等部吹奏楽部の第14回定期演奏会が行われる予定で、同吹奏楽部委嘱作品「Cabin Crew -空(そら)の客室を守るエキスパート- 」が演奏されます!

指揮は、当吹奏楽部顧問の新井達也先生。

この「Cabin Crew」は、今年の同吹奏楽部の吹奏楽コンクール作品として委嘱のお話を頂き作曲した7分半ほどの作品で、第22回 東日本学校吹奏楽大会にて同吹奏楽部はゴールド金賞を受賞されました。私にとってとても思い出深い作品となりました!
また、同吹奏楽部にはかれこれ6年連続で委嘱作品を書かせて頂いております。今年はどんな演奏をして下さるか今から楽しみです!(私も演奏会に伺う予定です)

例年の定期演奏会なら高校吹奏楽部顧問の畠田貴生先生がゲストで1曲指揮をされていますが、今年ももしかして指揮されるのかな…とそちらもワクワクです!お会いできますように…!

残席があれば当日券もあるそうです。
演奏会情報は添付の画像をご覧ください。ご都合よろしければ是非!!

「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」初演録音をYouTubeに公開しました!

「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」(演奏時間35分)ですが、早速初演音源をいただきましたのでYouTubeに公開いたしました!

全部で35分ほどありますが、是非お聴きいただけると幸いです!!
リンクはこちら

ソノーレ・ウィンドアンサンブル創立30周年記念委嘱作品「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」が無事に初演されました!

初演から早1週間が経とうとしていますが、12月11日(日)はソノーレ・ウィンドアンサンブル(福井県)の「第18回 冬の音楽会」にて、同団創立30周年記念委嘱作品「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」(演奏時間35分)が無事に初演されました!

指揮の佐藤正人先生、朗読を担当してくださったナレーターの岡田健志さん、そして演奏してくださったソノーレ・ウィンドアンサンブルの皆様、本当にありがとうございました!!

「南極カラフト犬物語」は1950年代後半、南極観測隊に同行したカラフト犬を題材にしており、南極での悪天候によって置き去りになってしまった犬「タロとジロ」の奇跡の生還、そしてタロとジロが生還する大きな要因となった犬「リキ」を描く実話に基づいたストーリーで作曲しています。

このストーリーは、同団の音楽監督である佐藤正人先生が長年温められていたストーリーで、佐藤先生によって作られたシナリオ・朗読をメインに音楽を付随させるような形で作曲させていただきました。

タロとジロは稚内市出身で、私はその稚内市の西側にある利尻島に現在住んでいることから、佐藤先生が直接私に作曲をご依頼していただきました。(ちなみに、南極観測隊に同行したカラフト犬の中には、利尻島から参加した犬も複数います)

そして、奇しくもソノーレさんが発足した1992年は私が生まれた年でもあり、同じく30歳。何とも運命を感じる次第です。

本番前日のリハーサルから参加させていただきましたが、練習を重ねる毎にみるみるクオリティが上がるソノーレさんに脱帽でした…!

また、ナレーターの岡田さんによる素晴らしい朗読はもちろんのこと、ソノーレ団員さん4名による朗読も素晴らしい演技力でした!

お世話になりました皆様、本当にありがとうございました!!

他の演奏曲目では八木澤教司さん作曲「『烏山頭』~ 東洋一のダム建設物語」が取り上げられており、天勝まゆみさん(ソプラノ)とのコラボレーションも素晴らしかったです!いつか吹奏楽とソプラノのための作品も作曲してみたいな…!

北海道本別高校吹奏楽部委嘱作品「プレリュード『霧氷の朝』」が、同吹奏楽部第38回定期演奏会にて初演されます!

今年の初夏に北海道本別高校吹奏楽部(顧問:河西 未来生先生)の委嘱で作曲させていただいた吹奏楽作品「Jewelry Ice -河が生み出す氷の宝石-」が、12月10日(土)に北海道本別町中央公民館で行われる同吹奏楽部第38回定期演奏会にて演奏されます!

また、「演奏会のオープニングに相応しい作品を」と顧問の河西先生からのご依頼で作曲させていただいた「プレリュード『霧氷の朝』」も初演されます!

「Jewelry Ice -河が生み出す氷の宝石-」は、演奏人数6名という限られた制約の中で作曲させていただいた6分半ほどの作品です。今年の帯広地区吹奏楽コンクールにて初演されました。
本別高校のある十勝の新名所にありつつある十勝川河口の「ジュエリーアイス」をテーマに作曲させていただきました。
(ジュエリーアイス…十勝川を覆いつくす氷が太平洋に流れ出し、河口の大津海岸に打ち上げられる氷の塊が太陽の光を受け美しく輝く自然現象です。)

「プレリュード『霧氷の朝』」の「霧氷」(むひょう)とは、過冷却された霧粒が風で木などに吹き付けられ、その刺激で氷となって付いたものを指します。こちらもジュエリーアイスと同様、十勝特有の美しい冬の現象をテーマに作曲させていただきました。副顧問の先生がヴァイオリンを弾かれるとのことで、ジュエリーアイスの編成にヴァイオリンが加わった編成です。1分半ほどの小品です。

私は演奏会に伺えませんが、お近くの方は是非!!

ソノーレ・ウィンドアンサンブル委嘱作品「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」について

ソノーレ・ウィンドアンサンブルさんの委嘱作品「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」を作曲させていただくにあたり、作曲に取り掛かる前の7月-9月にかけて稚内市や利尻島の資料館などを訪れ、南極観測隊に同行したカラフト犬についてしっかりと調べた上で作曲に取り掛かりました。

中でも、稚内市の青少年科学館にある南極越冬隊資料展示館では、南極観測関係資料や稚内出身のタロ・ジロ関係資料が豊富に展示されていて、大変勉強になりました…!

委嘱作品の題材となっているタロ・ジロ・リキは第一次南極観測隊に同行しましたが、同行したカラフト犬はタロ・ジロ・リキ含め全部で22頭いたそうです。そのうち6頭は利尻島から参加しているそうで、利尻島在住の私にとって大変身近に感じます。
利尻島の郷土資料館にもカラフト犬に関する資料が多数展示されておりました。

「南極カラフト犬物語」初演は、12月11日(日)に鯖江市文化センター(福井県鯖江市)で行われる、同吹奏楽団の「第18回 冬の音楽会」にて行われます!福井近辺の方々、ご都合よろしければ是非!!

上野 岳さんと工藤 瑠璃さんのマリンバデュオ”snowdrop”の委嘱作品「Silence -In the Snow-」(マリンバデュオ)が初演されます!

11月後半から12月にかけて、ありがたいことに初演の連続となる予定です…!

11月25日(金)に渡辺淳一文学館(札幌)にて、札幌を拠点に活動されている打楽器奏者 上野 岳さんと工藤 瑠璃さんのマリンバデュオ”snowdrop”のコンサートで、委嘱作品「Silence -In the Snow-」というマリンバデュオ作品が初演されます!

演奏時間は約8分程で、岳さんの出身は札幌、瑠璃さんは青森、私は岩手出身で利尻島在住と、それぞれ雪に慣れ親しんでいることから、降雪時に感じる独特の「静寂」をマリンバデュオで表現することを試みました。(8月に岳さんのリサイタルで初演されたマリンバソロ作品のデュオ版になります)

札幌近辺の方々、ご都合宜しければ是非!!
私も初演に立ち会います!どんな演奏が聴けるのかとても楽しみ…!
リサイタルの詳細はチラシをご覧下さい。

大泉穂さん(フルート奏者)、山田彩華さん(サックス奏者)の委嘱作品「レミニセンス」が初演されます!

大泉 穂さん(フルート奏者)、山田 彩華さん(サックス奏者)の委嘱作品として作曲させていただいた

「レミニセンス」(Flute,Alto Sax&Piano)

が、12月4日(日)に岩手県久慈市文化会館(アンバーホール)小ホールにて行われる「山田彩華・大泉穂デュオコンサート」にて初演されます!

お二人は私と同じ久慈管内・久慈高校出身で、山田さんとは高校時代は被っていませんが後輩にあたり、大泉さんは私と同期です。このことから、高校時代を回想する作品を作曲したいと思い立ち、11分ほどの作品を完成させました。
同じ高校を卒業し、こういった形でご一緒できることをとても嬉しく思っています!

ピアニストに井上 友美さん。
私もコンサートに伺う予定で、今からとても楽しみです!

久慈近辺の方々、是非ご来場下さい!
演奏会の詳細は画像をご覧ください。
(久慈市のウェブサイトでもコンサートが紹介されています。こちら

ソノーレ・ウィンドアンサンブル(福井県)の委嘱作品「南極カラフト犬物語 奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」が初演されます!

ソノーレ・ウィンドアンサンブル(福井県)の創立30周年記念委嘱作品として作曲させていただいた、語りと吹奏楽のための作品

「南極カラフト犬物語  奇跡の再会 〜タロ、ジロそしてリキ〜」

が、12月11日(日)に鯖江市文化センター(福井県鯖江市)で行われる、同吹奏楽団の「第18回 冬の音楽会」にて初演されます!

指揮は同団音楽監督の佐藤正人先生。以前作曲した『秋田犬「ハチ」』と同様、佐藤先生より作曲の機会をいただきました。拙作の「犬」シリーズ第二弾です!

「南極カラフト犬物語」は1950年代後半、南極観測隊に同行したカラフト犬を題材にしており、南極での悪天候によって置き去りになってしまった犬「タロとジロ」の奇跡の生還、そしてタロとジロが生還する大きな要因となった犬「リキ」を描いた、語りと吹奏楽のための30分ほどの作品です。

作曲に取り掛かる前に、稚内市青少年科学館利尻島郷土資料館などを訪れ、南極観測隊に同行したカラフト犬についてしっかりと調べた上で作曲に取り掛かりました。観測隊に同行したカラフト犬の中には利尻島から参加した犬もいて、利尻島在住の私にとってとても親近感の湧く貴重な作曲経験をさせていただきました。

語りはナレーターの岡田健志さんを始め、ソノーレ・ウィンドアンサンブルさんの団員複数人とで語られます。
私も演奏会に伺う予定で、今からとてもとても楽しみです!!

お近くの方、是非ご来場下さい!
演奏会の詳細は画像をご覧ください。