関井うららさんの委嘱作品(フルートソロ作品(10分))が初演されます!

今度の5月8日(日)、先日告知させて頂いたWind Worksのコンサートとは別で、GRAPES KITASANDO(東京都)にて行われるフルート奏者 関井うららさんのコンサート「関井うらら Birthday LIVE」で、関井さんの委嘱作品
「A Stroll Around Green -新緑に包まれて-」(フルート&ピアノ)

が初演されます!

関井さんの委嘱作品ということで、誕生月にふさわしく爽やかで生命感のみなぎる新緑をイメージした10分ほどの作品を作曲させて頂きました。

ピアノはいつも拙作のピアノ演奏でお世話になっている小瀧俊治さん。

コンサートでは以前から仲良くさせて頂いている打楽器奏者・作編曲家の加藤大輝さんも出演されるようです!

コンサートに伺いたかったのですが、5月8日は利尻島にいるためWind Worksのコンサートも含め残念ながら伺えず…😭
ご盛会をお祈りしています!

残席わずかだそうなので、チケット購入はお早めに!また、ライブ配信もあるそうなのでご興味ある方は画像をご覧下さい!

宜しくお願いします!

小編成吹奏楽団「Wind Works」のコンサートにて、私の吹奏楽作品が多数演奏されます!

5月8日(日)にスペースDo(東京都新宿区)にて行われる「Wind Works」-9人の管打楽器奏者による小編成吹奏楽団体-のコンサートにて、私の吹奏楽作品が多数演奏されます!

演奏される私の作品は以下のとおりです。()は演奏時間です。
・START UP ! 〜春、始まり〜 (3分)
・ぼうけんのかばん (5分)
・ボイジャー・プログラム -太陽系を超えて- (8分)
・青空をつなぐ 〜明日へと向かうすべての人へ〜 (7分)

オリジナル作品・編曲作品含め、ほぼ全ての作品が初演となるこの演奏会に是非お越しください!!
(私は生憎参加できませんが…)

演奏会の詳細は添付の画像をご覧下さい。
どうぞ宜しくお願いします!!

日付:5月8日(日)
時間:19:00開演/18:15開場
場所:スペースDo 管楽器専門店ダク地下


——————————————

※「Wind Works (ウィンドワークス)」について
2020年3月に9人の管打楽器奏者が集結し結成された小編成吹奏楽団体で、ご縁があり(ほぼ)専属作曲家として拝命いたしました。
Wind Works自体の活動もまだまだ浅く、作品もまだ6作品しか作曲していませんが、これから多くの作品を産み出していく予定です。
活動の模様は現在Twitterで発信しておりますので、是非チェックして頂ければ嬉しいです!

Wind WorksのTwitterのアカウントはこちら

Wind Worksメンバーは以下の通りです。

フルート:下村 祐輔
クラリネット:石井 一成
サクソフォン:飯塚 恭平
トランペット:由井 遣
ホルン:山下 裕也
トロンボーン:宮原 健輔
ユーフォニアム:神山 剛央
テューバ:國分 雅喜
パーカッション:長尾 正貴
事務局:木下 淳平
作曲家:下田 和輝

(敬称略)

Wind Worksへ書き下ろした一部の作品は、楽譜販売サイト「Piascore」にて販売しておりますので、楽譜をご要望の方は是非「Piascore」にてお買い求め下さい。

JABBERLOOPさんのYouTubeトークライブ「JABBER TALK vol.16」にゲスト出演させて頂きました!

4月22日(金)のJABBERLOOPさんのYouTubeトークライブ「JABBER TALK vol.16」にゲスト出演させて頂きました!

始まる前はガチガチに緊張してましたが笑、JABBERLOOPの皆さんが温かく迎えて下さりあっという間の楽しい時間でした!!

JABBERLOOPの皆様、ご覧頂いた皆様ありがとうございました!

ライブ配信はアーカイブが残っているようなので、見逃した方は是非ご覧頂けたら幸いです!(JABBERLOOPさんにちなんだ新たな発表もあります)

JABBER TALK vol.16トークライブ生配信 Guest:下田和輝 氏 – 4月22日(金)20時~O.A. youtu.be/J_nC1rJ8DH0

JABBERLOOPさんのYouTubeトークライブ「JABBER TALK vol.16」にゲスト出演させて頂きます!

宮崎県の高千穂町町制施行100周年記念ソング「明日への風」(作曲:JABBERLOOP – MAKOTOさん)を吹奏楽編曲させて頂いたご縁で、JABBERLOOPさんのYouTubeトークライブ「JABBER TALK vol.16」にゲスト出演させて頂きます!

日時は4月22日(金) 20時からとなっております。いつもの感じだと1時間ほどのトークライブになりそうです。リンクはこちら

「明日への風」にまつわる話はもちろんのこと、活動のメインフィールドである吹奏楽作曲家に関するお話もできればと思っています!

是非ご覧下さい!近くなったらまた告知させて頂きます!!

川越奏和奏友会吹奏楽団の第44回定期演奏会・第15回ファミリーコンサートのアーカイブ配信が、4月3日(日)14時までの期間限定でYouTubeに公開されています!

今年1月23日に行われた川越奏和奏友会吹奏楽団の第44回定期演奏会・第15回ファミリーコンサートのアーカイブ配信が、4月3日(日)14時までの期間限定でYouTubeに公開されています。
同団音楽監督の佐藤正人先生よりご依頼を頂き編曲した「花は咲く」の初演映像もありますので、素晴らしい演奏を是非ご覧下さい!!
(「花は咲く」は49:30ころからです)
YouTubeリンクはこちら

宮崎県の高千穂町町制施行100周年記念ソング「明日への風」の吹奏楽・合唱編曲を担当させて頂きました!

この度ご縁がありまして、宮崎県の高千穂町町制施行100周年記念ソング「明日への風」(作曲:長友誠さん – JABBERLOOPトランペット奏者)の吹奏楽・合唱編曲を担当させて頂きました!

かねてよりファンだったJABBERLOOP-MAKOTOさんの楽曲に携わることができて本当に嬉しく思っております。
メイキングムービーがYouTubeにアップされていましたので是非ご覧下さい!
高千穂はもちろん、九州に一度も足を踏み入れたことがないのでいつか行ってみたいものです…!

高輪台高校中等部吹奏楽部のソロコンテストを聴かせて頂きました!

昨日は高輪台高校中等部吹奏楽部にお邪魔して、校内ソロコンテストを聴かせて頂きました!
6作目となる今年の委嘱作品を書くインスピレーションを生徒さんからたくさん頂きました!さてどんな曲を書こうかな_✍

30代に突入しました&北海道の利尻島に数年間移住することになりました

1月は誕生日のお祝いメッセージを頂きありがとうございました!あっという間に30代へ突入してしまいましたが、更に磨きのかかった作品を生み出せるよう日々精進して参ります。

そしてご報告です。既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、昨年の夏に北海道の利尻島で勤務する方と結婚し、利尻島に数年間移住することになりました!
日本最北端・稚内市にほど近い離島ですので、いらした際は是非お声がけ下さい!
また、北海道の皆様にはさらにお世話になると思います、何卒宜しくお願いいたします🙇‍♂️
音楽活動の関係で関東へは頻繁に行く思いますので、変わらず仲良くして頂けると嬉しいです!!(今のところ来月中旬も上京予定です)
作曲のご依頼、これまでと変わらずお待ちしております!30代も宜しくお願いいたします!!🙇‍♂️

秋田犬「ハチ」~語り継がれる友情物語~ が出版されました!

2年ほど前に佐藤正人氏からご依頼を頂き完成させた、吹奏楽とナレーションのための作品

秋田犬「ハチ」~語り継がれる友情物語~

が、1月21日にロケットミュージックよりレンタル楽譜として出版されました!
30分ほどの長さの作品で、「忠犬ハチ公」の愛称で知られる秋田犬の生涯を吹奏楽とナレーションで情緒豊かに表現しています。

商品詳細ページはこちら
(楽譜レンタルにあたってはこちらの楽譜レンタル規約をご一読下さい)
参考映像はこちら
参考映像の演奏はノースアジア大学ウインドオーケストラの皆さん(指揮:佐藤正人氏)。改めて素晴らしい演奏をありがとうございました!
様々な団体に演奏して頂けることを楽しみにしています。

『秋田犬「ハチ」~語り継がれる友情物語~』宜しくお願いします!
下記、楽曲解説です。
——————————————-
この作品は、東京都の渋谷区青少年吹奏楽団の委嘱作品として、また委嘱のきっかけを下さった吹奏楽指導者・佐藤正人氏の還暦を記念する作品として、2019年の秋に作曲されました。
抜粋版の初演は2020年3月22日、渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて行われた渋谷区青少年吹奏楽団第42回定期演奏会において初演され、全曲版は2021年5月29日、秋田県児童会館「けやきシアター」にて行われたノースアジア大学ウインドオーケストラ・コンサートにおいて初演されました(両方の初演を佐藤正人氏が指揮)。
「忠犬ハチ公」の愛称で知られる秋田犬「ハチ」の生涯は、壮絶なものでした。秋田県大舘市で生まれたハチが、生後約2ヶ月で鉄道で小荷物として運ばれて東大農学部の教授であった上野英三郎博士のところに来たのは、1924年の1月でした。大の犬好きであった博士はハチを大いに可愛がり、大学や自宅の最寄り駅である渋谷駅にいつも送り迎えをさせていました。1925年5月21日、博士が大学で急死して突然の別れが訪れたのは、ハチが上野博士に飼われ始めて17ヶ月の時でした。ハチはその後、朝夕に駅に通い、改札口から出てくる人々の中に上野英三郎の姿と匂いを求め続けました。ハチの心には、愛情に溢れる飼い主に可愛がられた日々の記憶が消えることがなかったに違いありません。ハチは上野博士が急死してから10年近くが経った1935年3月8日に息を引き取るまで、ずっと博士を待ち続けました。
30分ほどの長さの作品で、「ハチ」の生涯と博士との友情を、ナレーションと吹奏楽で情緒豊かに表現しています。
——————————————-

MAMORIGAMI -東北地方の伝承「ザシキワラシ」による- が出版されました!

フォスターミュージック株式会社の委嘱作品として作曲した吹奏楽作品

MAMORIGAMI -東北地方の伝承「ザシキワラシ」による-
が、1月27日にレンタル楽譜として出版されました!

11分ほどの大編成作品で、私の地元である岩手県の伝承「座敷わらし」を題材とした作品を作曲させて頂きました。
「21世紀の吹奏楽 第20回“響宴”」で演奏され、後に第50回JBA下谷賞(作曲賞)を受賞した『DaJa ~南部地方盆唄「ナニャドヤラ」による~』の続編に位置づけられる作品です。

かなり音符が細かく難易度が跳ね上がってしまいましたが、音楽的な制約を一切課すことなく作曲することが出来たのでとても納得のいく1曲になりました!
また、大編成作品ですが厚くオーケストレーションをしていますので中編成でも演奏が可能です。
商品詳細ページはこちら
(スコア及び参考音源の視聴が可能です)
参考音源は、千葉県の幕張総合高等学校シンフォニックオーケストラ部(指揮:伊藤 巧真先生)にレコーディングして頂いた音源が近々YouTubeにアップロードされると思いますので、楽譜と併せて是非チェックしてみてください。
「MAMORIGAMI -東北地方の伝承「ザシキワラシ」による-」宜しくお願いします!