英国式ブラスバンド作品「Alone」の初演映像がYouTubeに公開されました!

英国式ブラスバンド団体、朱仄ブラスソサエティ(代表:松永 雄太さん)の委嘱作品として作曲した「Alone」(演奏時間21分)、初演の映像がYouTubeに公開されました!

リンクはこちら

朱仄ブラスソサエティの皆さん、指揮の木村 文香さん、素敵な演奏をありがとうございました!

難易度の高い21分ほどの作品となっております。
是非ご覧いただければ幸いです!

下記、初演に際し書かせていただいたプログラムノートです。
————————-
この作品は、英国式ブラスバンド「朱仄ブラスソサエティ」の委嘱作品として作曲されました。
第1楽章は2023年8月に、第2楽章は2024年2月に完成され、総演奏時間は20分を優に超える作品です。
 
私は2023年6月まで延べ3年弱ほど北海道利尻島に住んでいましたが、利尻島で出会った数々の情景は、どれも忘れることのできないほど非常に美しい情景でした。
 
幾度となく訪れた「夕日ケ丘展望台」という海に面した岬のスポットがあり、そこで見た景色や沸き起こる感情を今回の作品では表現しています。利尻島は観光の島で、普段はものすごい観光客で島が賑わうのですが、私が利尻にいたのは丁度コロナパンデミックと期間が重なるので、利尻島には観光客が少なく、いつ展望台に行っても僕1人の時が殆どでした。
 
「Alone」…「一人で・孤独で」と訳されます。人間の声や車の音は一切せず、聴こえるのは波のざわめきや鳥の鳴き声などの自然の音のみ…そして夕暮れ後の暗闇に沈んでいく目の前の光景や、明け方に太陽の光によって次第に明るくなっていく光景は言葉では言い表せないほど美しい光景だったと同時に、なんとも言えない複雑な感情が自分の中を駆け巡りました。そんな事を思い出しながら作曲させていただいたのがこの作品です。
その複雑な感情は…うまく文章で表現できる自信がないので、ここでは書きません。しかし、タイトルの「Alone」には密接に関わっている感情だということだけは言い切ることができます。
 
第1楽章「薄明に消える」では夕暮れ後の暗闇に沈んでいく光景を、第2楽章「あけぼのは次第に熱く」では明け方に太陽の光によって次第に明るくなっていく光景を表現しています。
いずれの楽章も自然の織り成す音や鳥の鳴き声を描写した音型、4年ほど前から自らの作品に取り入れた音楽語法によって、鳥たちの飛行やその飛跡(飛ぶ鳥の後ろに尾を引く残像、と表現したら良いでしょうか)が随所に現れます。
————————-

札幌大谷大学シンフォニックウインドアンサンブル定期演奏会にて「サッポロ・ランドスケープ」が演奏されます!

今週末、7月14日(日)に札幌大谷大学 大谷記念ホールで行われる札幌大谷大学 シンフォニックウインドアンサンブル 第9回定期演奏会にて、
 
吹奏楽作品「サッポロ・ランドスケープ」
が演奏されます!
 
指揮は、同大学教授の大隅 雅人氏。
 
「サッポロ・ランドスケープ」は、今から3年前に札幌の吹奏楽団「アンダンテ・ウインドアンサンブル」(代表:浦 航史氏)の委嘱作品として作曲した作品です。
 
北海道の利尻島に住んでいた頃、島ではできない用事を済ませるのに幾度となく訪れていた札幌。そんな札幌の1日を描いた7分ほどの作品で、個人的にとても思い入れのある作品です。(グレード3、16人から演奏可能、現在未出版です)
 
私は残念ながら伺えませんが、お近くの方は是非お越しください!入場無料です!
詳細はこちらと画像をご覧ください。
 

私が講師を務める尚美ミュージックカレッジ専門学校のウェブサイト-講師紹介に私が掲載されています!

気づけばあっという間に7月…6月は作編曲をこなしつつ(尚美やJRにも行きつつ)、弾丸帰省したりとバタバタな1ヶ月でした。

さて、私が講師を務める尚美ミュージックカレッジ専門学校のウェブサイト-講師紹介に私が掲載されています!
4月から勤め始めて早くも3ヶ月が経ちますが、少しずつ勤務の仕方や授業の進め方にも慣れてきました。これからも益々頑張ります!

講師紹介ページはこちら